第20回公演『瓦礫のヤマアラシ』

瓦礫のヤマアラシ

団員募集公演『瓦礫のヤマアラシ』

いつかどこかに突然現れる。いつだってそうだ。
嵐とおんなじ。意味なんか考えるより、やり過ごすことが重要だ。

昨日歩いた道筋が、今日も同じように歩けるなんて思っちゃいけない。わずか一晩。見上げるほどの瓦礫の山が、道を塞ぐにはそれだけあれば充分だ──。
失踪した友人を探す男が辿り着いたのは、都市としての機能が失われていく街。着いて早々、暴漢に襲われた男を救ったのは、一匹の……イヤ、ひとりのヤマアラシだった。生きていくのが容易とは言えない街で、デタラメ奔放に暮らす人々の中、男はどこにたどり着く……?
寓意性の高いオリジナル戯曲と濃密な世界観で幅広い層から支持を集め、はままつ演劇・人形劇フェスティバルで数多くの栄冠を獲得してきた絡繰機械’sの最新作。過酷な都市を舞台にしながら、「暗い芝居にはしたくなくて」と唐津が語るとおり、熱く激しくクダラナイ、といういつものカラクリテイストそのままに、奔放に生きる人々を描き出していく。
会場は三年連続となる、浜松駅からほど近い街中の立体駐車場。普段目にする日常空間に、特設ステージを組み上げて、非日常的な演劇空間を創出します。団員募集公演と銘打って、アフタートークやコラボ企画も開催!

■脚本・演出:唐津匠
■CAST:
ヤマアラシ(女):伊藤彩希
ヤマアラシ(男):坂本竜也
男:柳川俊彦
暴漢:河野丈志
役人:八重樫剛

■STAFF
脚本・演出:唐津匠

舞台監督:伊藤彩希
美術:伊藤彩希
大道具:河野丈志/八重樫剛
小道具:坂本竜也
衣装:中西祥子
音楽・音響:唐津匠
照明・照明操作:唐津匠
宣伝美術:唐津匠
ビデオ撮影:K&K COMPANY
web:たばるとも/唐津匠
企画・制作:たばるとも
宣伝・広報:たばるとも/八重樫剛

■Special Thanks(順不同・敬称略)
万年橋パークビル、黒板とキッチン、西部演劇連絡会、浜松写真連絡協議会、遠州こだわりネットワーク、遠州WebTV、ざざん座能舞台、東三河演劇ネットワーク、FM Haro!、Hamazo.Tv、株式会社ぱど、学校法人笹田学園デザインテクノロジー専門学校、Bar DaMonde、ON THE ROAD、鈴木基生、森歩、上野竜行、横山希、小田あかね、山田千栄里、倉田実 ほか

瓦礫のヤマアラシ 20thA4back

フライヤーPDFダウンロードダウンロード

※ミュージシャン川口直久氏のLIVEを開催!

公演最終日、同会場にて川口直久LIVEを開催。以前、劇団内ユニット「もやしとこけし」にも楽曲提供くださいました川口氏。
このLIVEで初演奏する新曲では、カラクリの役者もステージに上がりコラボパフォーマンスに挑戦!

naohisa kawaguchi

川口直久
シンガーソングライター 静岡県浜松市出身
ピアノ、ギターを弾き、歌うスタイルで良質なポップスを届ける。2012年 K-mix (静岡エフエム放送)「神谷宥希枝の独立宣言 ザ★オーディションvol.4」ソロ部門グランプリ&オーディエンス賞を受賞。
子供番組/映画出演やTV、CM、映像作品、舞台、アーティストなどへの楽曲提供/編曲等も行なう。

川口直久オフィシャルサイト
http://www.kawaguchinaohisa.com